小さなカメラ

小型カメラ選びの意外な盲点?画角にも注目して選ぼう

のぞき見

小型の隠しカメラを検討する際、価格やサイズ、形状に目が行きがちですが、忘れては行けないのが画角です。
画角とはカメラが写す事が出来る範囲の事を指しており、画角が広ければ広いほど広範囲を写す事が出来ます。一般的に広範囲を写す事が出来るレンズを広角レンズと呼び、より幅広い範囲を写したいのであれば、広角撮影が行えるレンズを搭載したカメラを選ぶのがおすすめです。
例えば、社内の不正を告発する為に隠しカメラを設置する場合、デスクに小型の隠しカメラを設置することになりますが、ターゲットとなる人との距離が離れすぎているとカメラの枠内に収まりきらない可能性があります。せっかく、小型で高画質のカメラを購入しても、置ける場所と写したい場所の折り合いが付かなければ、何の意味もありません。画角的に収まらない為に、ターゲットに近づけて撮影をする事も出来ますが、それが原因でバレてしまうリスクは大いにあります。
この様に画角は意外な盲点になりがちですが、隠しカメラの特性上、非常に重要なポイントです。
超小型カメラ専門店で購入を検討する際には、ラインナップが非常に豊富なので目移りをしてしまいますが、画角も考慮して選ぶ様にしましょう。

Update Post

2019年02月21日
小型カメラで証拠保存もできるを更新しました。
2019年02月21日
小型カメラ選びの意外な盲点?画角にも注目して選ぼうを更新しました。
2019年02月21日
超小型カメラの購入は専門店がおすすめを更新しました。
2019年02月21日
バッテリーのもちがいい小型カメラも登場しているを更新しました。